生産システム見える化展にて、無償ソフトを公開しました

ものづくりAPS推進機構は、中小製造業向けの以下の業務アプリケーション6本を無償で公開しました。このソフトウェアは、ライセンス料金なしで、無償で中小企業の各種業務に利用することができます。

  1. APSOM販売管理
    まずは、注文をうけてそのデータを伝票(ヘッダ)と明細(品番別データ)に分けて 管理し、受注票、納品書、そして月次で集計された請求書などを印刷します。データ を 蓄積することで、顧客別の統計や製品別の価格などをExcelと連動して管理しま す。
  2. APSOM仕入管理
    一品一葉の購入手配を、仕入担当者が過去の仕入先、および過去の価格などを参照 しながら、発注伝票を作成します。また、発注した内容は、受入れチェックを 経て、消し込みを行います。部品別の仕入先比較、価格比較などが容易にできます。
  3. APSOM在庫管理
    倉庫における入庫、出庫をバーコード入力によってデータ化し、それをもとに、 現時点での在庫量が、工場全体について見える化できます。また、在庫管理方針に たとえば、循環で棚卸を行い、その結果をバーコード入力し管理します。
  4. APSOM所要量計画
    月次、週次で送られてくる内示情報をもとに、資材所要量展開を行い、その結果をも とに 将来の理論在庫のシミュレーションを行います。安全在庫を設定し、在庫が切れない タイミングで仕入品の手配を行います。BOMの登録も簡単に画面で行えます。
  5. APSOM工程計画
    個別受注生産向けに、その都度、製品の生産手順を定義し、現品票を作成し印刷し ます。工程手順は、都度、マスター化することで再利用可能です。また、工程計画 にしたがい、各設備の負荷を山積みし、画面上で負荷平準化を行うことができます。
  6. APSOM現場管理
    製造現場において、現品票にしたがって、生産実施の結果をバーコード入力します。
    生産オーダに対応する作業の進捗が時系列で確認できるほか、担当者べつに、今後の 作業の仕掛状況を個別に確認することが出可能です。

詳しい情報及び、ダウンロードは、PSLXフォーラムのサイトをご覧ください。

個人情報保護方針 サイトマップ ページのトップへ戻る