APSOM事例開発プロジェクト

APSOMでは次のような事例開発プロジェクトが行われました。

2014年

プロジェクト名 PSLX3プラットフォームプロジェクト
期間 2014年5月~
参加企業・団体  

2012年

プロジェクト名 “ITカイゼン”交流マッチング事業
期間 2012年~2013年4月
参加企業・団体 アトム精密
川田製作所
電化皮膜工業
浜野製作所
今野製作所

2011年

プロジェクト名 東京都産業交流事業
期間 2011年8月~2012年3月
参加企業・団体  

2008年

プロジェクト名 PSLX2プラットフォームプロジェクト
期間 2007年7月~2008年3月
参加企業・団体  

2007年

プロジェクト名 計画の見える化による電子機器の製販統合支援プロジェクト
期間 2007年7月~2008年3月
参加企業・団体 光電製作所
東洋エンジニアリング
オージス総研
法政大学
ABCコラボレーション
電子機器製造業では、製品ライフサイクルの短縮化とともに、部品調達の不確実性や生産工程の外注化などによって、製造と販売の同期化が至上課題となっている。本プロジェクトでは、PSLXが提唱する計画中心のアーキテクチャによって業務を再構築し、従来は勘と経験に多くを頼っていた計画業務をIT化することで、在庫削減と平準化生産が可能であることを示す。
プロジェクト名 製造情報連携フォーラム
期間 2007年3月~2007年11月
参加企業・団体 日本OPC協議会
M2Mコンソーシアム
製造業XML推進協議会
FAオープン推進協議会

2004年

プロジェクト名 半導体産業におけるPSLX対応オブジェクト指向原価管理システム
期間 2004年~2005年
参加企業・団体 電子情報技術産業協会-半導体技術ロードマップ専門委員会
一橋大学
法政大学
富士通
東芝

2003年

プロジェクト名 MESXジョイントワーキンググループ
期間 2003年~
参加企業・団体 製造業XML推進協議会
FAオープン推進協議会

2002年

プロジェクト名 中小企業のSCMを実現するシンプルXML-EDI
期間 2002年~2003年
参加企業・団体 首都圏産業活性化協会
東成エレクトロビーム
武州工業
法政大学
プロジェクト名 特注生産のための動的サプライチェーン管理システム
期間 2002年~2003年
参加企業・団体 東洋エンジニアリング
法政大学
プロジェクト名 PSLXを利用したMESとスケジューラーの統合
期間 2002年~2003年
参加企業・団体 機械振興協会技術研究所
ソフィックス
法政大学

2001年

プロジェクト名 XMLを用いた生産スケジューリングインタフェースの開発
期間 2001年~2002年
参加企業・団体 アスプローバ株式会社
ロジックスジャパン
シムトップス
ジェイティーエンジニアリング
アプストウェブ

  APSOM事例開発プロジェクトの応募方法

APSOMの団体会員は、誰でも事例開発プロジェクトを企画し実行することができます。会員が企画した事例開発プロジェクトは、「事例開発プロジェクト実施申請書」に必要事項を記入し、事務局に提出することで、APSOMから人的および資金的援助が得られます。

詳しくは、事務局までお問い合わせください。

個人情報保護方針 サイトマップ ページのトップへ戻る