APSOM オンライン・リレーセミナ2020 第3回のお誘い

—–【APSOM-オンライン・リレーセミナ2020(第3回)へのお誘い】—–

 1990年代、インターネットの登場でITと企業の関係は大きく変わりました。競争や連携が地域や国境を越え、四半世紀を経て、新しい社会基盤、経済基盤が形作られ、この価値を最大限に享受した、テックジャイアントたちが、既存産業の秩序やビジネスの常識を破壊し、今に至ります。

 2019年の暮れに中国-武漢で発生が報じられた新型コロナウイルスですが、発生から1年を経てなお、日本国内では第3波が、終息の気配を見せず猛威を振るい、世界での感染者8,300万人、死者も180万人を数えて、さらに感染力の強い変異種の登場や、感染後に無症状のまま急死の症例が相次いで報告されるなど、海外でのmRNAワクチンの接種開始のニュースも、どこか霞んで聞こえます。

さて、ものづくりの世界でも、ここ数十年来の趨勢であったグローバルなサプライチェーンの最適化オペレーション一色の状況から、ローカライズ、エリアライズへのシフトが始まり、現場のオペレーションも、リモート化、自働化が浸透し、企業各々の「変化への対応力」が鋭く問われる時代に入りました。

 昨年春の数カ月間のデジタル化の加速は、もはや過去のものとして、問題はそのあとの、これからの社会です。グローバル資本主義の延長となるのか、はたまた、全く異なった発想での経済原則のリ・デザインが求められることになるのか、さらには、そうした時代における、人と人、組織と組織の関わり方、機能としての人と組織と機械(情報システム)のあり方や、働き方、マネジメントの仕組みのあるべき姿など、人の営みの全てが問い直される時代になりそうです。

 さて、こうした激動のさなか、2021年はPSLXコンソーシアム誕生から20年にあたります。コロナ禍、VUCA^nのいま、APSOMゆかりの皆様と共に語り合う「場」をと存じ、下記ご案内差し上ます。

 APSOMオンライン・リレーセミナ2020 第3回テーマ:「製造現場を知識集約型へ転換するヒント」-「タラ・レバ」シミュレーションから始める、知恵が価値を生む思考へのチェンジ -
(株)プサイジュ、佐々木宏明(ささき ひろあき)様

講演後は、できるだけカジュアルな雰囲気で、肩肘張らずAPSOMの今まで・これから、皆様の近況、今お考えのことなどなど、コロナ禍でふさぎがちな中、ひと時のおしゃべり、息抜きの場を儲けさせていただければと思います。ショートショートにはなりますが、みなさまからの話題提供も歓迎です。みなさま、下記の通り、金曜の午後のひととき、お誘いあわせの上ご参集くださいますよう、よろしくお願いいたします。

—–記—–

【APSOM-オンライン・リレーセミナ2020(第3回)】
 https://apsom.org/wp/2020/10/04/395/
【日時】2021年1月15日(金) 16:00-17:30
【場所】Zoomオンラインミーティング(定員100名)
 (接続URL、ミーティングID/パスコードなどは開催日当日にお送りします)


【講演・話題提供】

 「製造現場を知識集約型へ転換するヒント」
 -「タラ・レバ」シミュレーションから始める、
           知恵が価値を生む思考へ
のチェンジ -
 (株)プサイジュ 代表取締役 佐々木宏明(ささき ひろあき)様
  https://psi-j.com/index.html
 ・講演(30分)
 ・質疑応答(15分)
【ディスカッション/フリートーク】
 ・話題提供(15分、伊藤or山本)
 ・フリートーク(30分、みなさまで懇親会を兼ねて)
 ・興に乗ったら懇親会延長(注:オンラインです)
【申込方法】
 こちらからお申し込みください。
 または、以下、必要事項を記入の上、yamamoto@apsom.orgまでお寄せください。開催当日、メールにて会議接続URL/ミーテョングID/PW をお送りいたします。
【APSOM-オンライン・リレーセミナ2020(第3回)】
・おなまえ:
・ご所属:
・ご連絡先:
・メールアドレス:
・ひとこと: